スキンケア

スキンケアにもいろいろ



薬局や化粧品売場に並んでいるスキンケア化粧品の種類は数え切れないほどあります。またお店で売っていない通販のスキンケア商品もあります。現在日本では化粧品メーカーが5000〜7000社もあるといわれています。

こんなにあったらいったいどのスキンケア化粧品を選んでいいのか、どのスキンケア製品が自分の肌に合うのか迷ってしまいますね。まず、お肌の仕組みと、お肌と化粧品との関係、自分の肌の状態を知ることが自分にあったスキンケア化粧品選びのポイントとなるでしょう。

乾燥肌、脂性肌、敏感肌、普通肌その混合肌と一般に分類されているようです。スキンケアには自分にあった化粧品を求めるだけでなく、栄養の状態やストレスなどによっても影響を受けますので、サプリメントを摂取するとかストレスを受けないように(実際は難しいかもしれませんが)工夫をしていくといいでしょう。

                    

スキンケア方法


スキンケアの方法は化粧品メーカーによって少しの違いはありますが基本的に朝と夜に2回行い、洗顔→化粧水→乳液(保湿液)順番で行います。朝のケアはこれから外に出るのでいい肌の状態を保つのに行い、夜はその日の肌の疲れを癒し明日のために肌の再生をうながすために行います。

洗顔は化粧や皮脂の汚れを落としたりするのに大切なのですが、皮脂を落としすぎると保湿効果がなくなってしまいカサカサになることもあるので注意しましょう。保湿効果のあるヒアルロン酸やスクワランを含んでいる化粧水や乳液を使ってみてもいいかもしれません。化粧水をつけた後、氷水でパタパタとパッティングして肌を引き締め、両手で軽くたたくと肌が生き生きするそうです。
化粧水でもひりひりする敏感肌の人は洗顔後や寝る前にスプレーでミスト状の水を拭きかけるだけです。ローズウォーターを使っても大丈夫なら癒しの香りとしてもいいかも。

して、ビタミンではB、C、Eを摂るようにしましょう。ビタミンBは脂質の代謝、ビタミンCはコラーゲンの生成、ビタミンEは抗酸化作用がありサプリメントを使うのも手です。


                        






男のスキンケア



最近はメンズスキンケアといって男性用のスキンケア製品も出てきています。男性ホルモンの作用で女性に比べて男性は皮脂の分泌が活発でTゾーンがテカリがちになります。女性でもストレスがたまったりするとホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンが増えたりします。
そのため男性にはニキビのトラブルが多いですね。ニキビのトラブルも年齢によってできてくる箇所が変わってきます。この場合も洗顔と保湿がメインになりますが、男性の場合はシンプルなほうがいい場合が多くひげそり後でもゲルやローションで十分と考えています。
また男性には喫煙者もいます。喫煙によりビタミンCが失われてしまいます。ビタミンCはお肌の成分で張りの成分であるコラーゲンを作るのに必要ですので煙草を吸う人は是非ビタミンCのサプリメントを摂ることをおすすめします。


                        




    

Copyright (C) 自分にあったスキンケア方法 All Rights Reserved.
健康維持