脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープってどんなの?



最近うわさになっている脂肪燃焼スープ。
「脂肪燃焼スープを飲んで、○○キロやせました。」って体験談もあるけど、食べて痩せるなんてことができるのでしょうか?
脂肪燃焼スープは野菜スープです。タマネギ 3個、セロリ 1本、キャベツ1/2個、トマト 3個、ニンジン1本、ピーマン1個をかつお節10g、鶏がらスープの素小さじ1杯、コンブ5gでとっただしと水でコトコト煮て、ショウガと塩で味付けしてつくります。
1回作ると結構な量が出来ます。家族で食べるといいかもしれませんね!
食べ方は夕食の前に1皿以上食べるようにするそうです。お腹いっぱい食べても良くて1週間は続けるようにします。
お味はなかなかおいしくて、味付けに飽きてきたらポン酢、醤油、味噌などでアレンジするといいそうです。
野菜だけなので、ある程度ごはんも食べないとおなか減りそう。

      

脂肪燃焼スープでどのくらい痩せる?



脂肪燃焼スープは野菜だけのスープですので炭水化物抜きダイエットと同じです。
炭水化物抜きダイエットは始めの1週間は体重が落ちやすいのですが、糖分をとらないと3日目頃からイライラしたりして、ストレスがたまってドカ食いしてしまったりしてしまいます。
また、3週間目ぐらいになると体重が落ちにくくなったりします。
ですから、脂肪燃焼スープだけを食べるより炭水化物も程良くとりながら、無理なくダイエットするのがいいと思います。
たとえば朝と昼は普通に食べて、夕食に脂肪燃焼スープを始めに食べて夕食の炭水化物や脂肪の摂取量を減らすようにするというのがいいようです。
体質の個人差もありますが、栄養のバランスも考えながら少しずつやるとリバウンドの心配もなく続けられるのでは。


脂肪燃焼スープとダイエット



脂肪燃焼スープを飲むと体内の脂肪が燃焼されるというのは間違いです。
脂肪を燃焼するにはある程度運動しないと燃焼してくれません。ウォーキングやジョギングなど心拍数が120〜140ぐらいの軽い有酸素運動も一緒に続けるといいでしょう。
脂肪を燃焼するにはビタミンB類が必要です。特にビタミンB2やパントテン酸などは脂肪酸を燃やしてエネルギーにするのに使われる補酵素です。
ウォーキングやジョギングをする際にはぜひサプリメントなどで摂っておきたいものです。
脂肪燃焼スープを飲むとカロリーが低くて満腹感がでるので、その後の夕食の量が減って結果的に摂取カロリー量が減るといったことが期待できるんだと思います。
最初に体重が減っても安心せずにエクササイズを続けるとか1週間休んでから、また1週間続けるとか習慣づけて行うといいかもしれませんね♪


>>安田美和のモデルのダイエット


健康維持